女性の薄毛治療・発毛のおすすめ病院口コミ比較ランキング!【2019年最新版】

20代、30代の女性の薄毛の原因と食事による改善方法

サラダをたべる女性

薄毛に悩む女性は少なくありませんが、薄毛は更年期になってからという印象があるのですが、20代や30代でも薄毛に悩んでいる方も珍しくありません。どうしてまだまだ若いのに薄毛になってしまうのでしょうか。

一般的な抜け毛や薄毛は髪を作っている毛母細胞の老化です。年齢を重ねるとともに毛母細胞の力が衰えてきて、髪が細くなったりすぐに抜けるようになってきます。女性の場合は更年期による女性ホルモンの低下も関係しています。女性ホルモンには強く丈夫な髪を作る働きがありますが、更年期になり女性ホルモンが低下する事で弱々しい髪になってくる事があります。

20代や30代で薄毛に悩む原因の一つが無理なダイエットによる偏った食事です。髪を作るにはさまざまな栄養素が必要です。食事量が減ると髪に必要な栄養の摂取量が減ってしまいます。

髪は18種類のアミノ酸で構成されるケラチンというタンパク質でできていて、ダイエット中の女性はカロリーを気にしてタンパク質が多い肉や魚を控えがちなので、髪の原料不足になってしまいタンパク質不足で細く弱々しい髪になってしまいます。

良質なタンパク質を含む食品には、卵、チーズ、大豆製品、魚などがあります。肉よりも魚を選ぶ、脂身を避けるなどするとカロリーを抑えることができます。また、調理方法を工夫することでもカロリーを抑えられます。油を使った炒めたり揚げ物といった調理ではなく、蒸したり煮るなどするとよいでしょう。

亜鉛は毛母細胞の分裂を促進する栄養素です。普段の食費からでは不足しやすいので意識して摂りましょう。

アルコールの摂取、喫煙、玄米菜食などでは不足することがあります。アルコールの摂取や喫煙は解毒のために亜鉛が使われてしまい、玄米菜食は亜鉛の摂取量が不足しやすく、また玄米に含まれるフィチン酸が亜鉛の吸収を阻害します。亜鉛が多い食品は牡蠣、カシューナッツ、ごま、豚レバーなどです。ビタミンCやクエン酸と一緒に摂ると吸収がよくなります。

栄養を摂っても髪に栄養が行きわたらなければ髪の成長は期待できません。血流をよくする栄養素がビタミンEです。

過酸化脂質は頭皮や毛穴にダメージを与えて抜け毛の原因となる物質ですが、ビタミンEには抗酸化作用があり過酸化脂質の発生も抑えてくれます。ビタミンEが多く含まれている食品は、アーモンド、アボカド、オリーブオイル、かぼちゃ、うなぎなどです。脂溶性ビタミンで油と一緒に摂ると吸収がよくなります。

女性の薄毛治療でおすすめ病院口コミ比較ランキング!TOPへ


東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ薄毛治療病院
東京ビューティークリニック

育毛剤を試そうという方はコチラ
女性用育毛剤ランキング