女性の薄毛治療・発毛のおすすめ病院口コミ比較ランキング!【2019年最新版】

女性の悩みで多い産後の抜け毛による薄毛

髪の毛を触る女性

女性の薄毛の悩みの中で、意外に多いのが出産後に経験する「産後の薄毛」です。言葉を変えると「産後の抜け毛」となりますが、産後に抜け毛が多くなり結果薄毛に悩まされる女性が多いのです。実に、出産を経験された女性の7割もの方が、産後に薄毛に悩まされたというデータもあります。

産後の抜け毛は、主産後2~3ヶ月位から多くなるようです。抜け毛は、女性ホルモンの増減が影響するものが多く、産後半年程度で元に戻るケースが多く、長くても1年の内には落ち着いてくると言われています。

産後の薄毛・抜け毛を起こす原因として多いのが、女性ホルモンのバランスの変化です。妊娠中は赤ちゃんの成長を促す為にも女性ホルモンの分泌量が多くなり、通常の髪の生え変わりのサイクルに反して髪が抜けにくくなります。

それが、出産を機に女性ホルモンの分泌量が正常に戻る為に、それまで抜けずに留まっていた髪が一気に抜けてしまうが為に、薄毛となってしまうものです。その他、育児ストレスも多分に影響するでしょう。

慣れない育児がストレスとなり、強いては体が緊張状態となってしまうことで、血行が悪くなり頭皮へ髪の成長に必要な栄養素が運ばれにくくなっていることもあります。髪の健やかな成長サイクルの為には頭皮にも栄養が必要であり、イコール栄養が不足すれば髪が細くなり、抜けやすくなることに繋がるのです。

睡眠不足も要因の1つです。生まれたばかりの赤ちゃんは、お腹が空けば夜間でも泣いて訴えます。安定した睡眠時間が得られず、慢性的な睡眠不足になってしまいます。

人は寝ている間に、成長ホルモンが活発に分泌されることから髪が成長しやすいのですが、赤ちゃんのお世話で睡眠が浅い状態が続くと、成長ホルモンの分泌も少なくなってしまうことから、髪の成長を妨げげられてしまうことにも繋がります。

中でも出産後の薄毛の原因として最も影響するのが、女性ホルモンのバランスの変化によるものだと考えられます。

髪の生え変わりのサイクルは、髪が生える成長期が2~6年、髪が抜ける退行期が2~3週間、更に次の髪が生えてまでの準備期間である休止期の2~3ヶ月を繰り返しています。出産後にそれまで抜けずに留まっていた髪が一基に抜けてしい、多くの髪が休止期に入ってしまうことで一時的に薄毛となってしまう状態になるのです。

しかし、2~3ヶ月休止期の後には、徐々に髪も生え始めてきますし、元の髪の量へ戻っていきます。出産後、概ね6ヶ月位すると、元の髪に戻るとされています。逆に、1年以上も薄毛に悩まれる状態の場合には、他に原因があることも考える必要があると言えるでしょう。

女性の薄毛治療でおすすめ病院口コミ比較ランキング!TOPへ


東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ薄毛治療病院
東京ビューティークリニック

育毛剤を試そうという方はコチラ
女性用育毛剤ランキング