女性の薄毛治療・発毛のおすすめ病院口コミ比較ランキング!【2019年最新版】

母の薄毛対策

お茶を飲んでる女性

母が以前に生え際がだんだん後退していったときがありました。だんだんとおでこが広くなる感じです。

それが、ある日生え際にうぶ毛が生えてきたのです。うぶ毛の生える面積はだんだんと広がり、生え際にうぶ毛がたくさん生えるようになりました。そして、そのうぶ毛がだんだんとしっかりした髪の毛になり、長さも伸びていきました。

どうして生えてきたのかと考えてみたところ、食生活の変化がありました。野菜料理をたくさん食べるようになったのです。

健康を気遣う父が野菜を増やしてくれと言い、毎日1,2品野菜料理を追加するようになりました。味噌汁には野菜をたくさん入れ、まるで味噌汁というより野菜の味噌煮のようなものを、ほとんど毎日食べるようになりました。他には、ごぼうのきんぴらやホウレン草の胡麻和え、野菜の素揚げなどです。

また、魚も食べるようになりました。それまでは肉料理が主で、魚料理はたまに干物を食べるくらいだったのですが、引っ越しを機に魚をよく食べるようになりました。新しい家の近所の一番近くのスーパーは、魚売り場が広く、とても新鮮で安い魚がたくさん売られていたのです。

買わなきゃ、食べなきゃ損というように、安く、きらきらした魚が豊富に売られていました。魚料理が体にいいということもあり、2日に1回は魚料理を食べるようになりました。薄毛が改善されてからの変化というと、これが思い浮かびます。

あとは、ヘナを使うようになったことです。それまでマニキュアで染めていたのですが、ヘナで染めるようになりました。ヘナはトリートメント効果のある、髪にやさしい染毛剤です。ヘナを使うと髪はふわっとし、つやつやになります。製品も、グリーンノートの安全なヘナを使っています。これを使うようになって、母の髪には天使の輪っかが出るようになりました。

あとは、歳とともに、生え際は毛が生えてきたのですが、髪の毛の総量はだんだんと減っていきました。今までは一本結びにずっとしていたのですが、ショートにしてパーマをかけようか、と母が言っていました。

しかし、ヘナをするようになって髪もきれいになりましたし、生え際もきれいなので、私はそのままでいいんじゃないかと思いました。小さいころからずっと母は一本結びだったため、他の髪型はなんだか違和感を感じます。

そこで髪の毛を梳かないで切るようにし、バレッタを使うようにしました。バレッタを使うと髪が多くみえます。また、髪も梳かないでいると随分割り増しになります。おかげで母は今60代半ばですが、きれいな髪の毛で一本結びでいられています。

女性の薄毛治療でおすすめ病院口コミ比較ランキング!TOPへ


東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ薄毛治療病院
東京ビューティークリニック

育毛剤を試そうという方はコチラ
女性用育毛剤ランキング